もちもちもちもち生パスタ 緑区おゆみ野 ラ ミシェル

岩のりクリーム2 外遊び・外ごはん

「もちもちもちもち」って30秒見つめていると普段から使っている「も」の字と「ち」の字が変に思えてきませんか?これをゲシュタルト崩壊というらしいです。もちもちもちもち。

それはともかく、生パスタと乾麺のパスタの違いについて。食べたことがある方にはもうご存知とは思いますが、生パスタは乾麺よりも柔らかくてもちもちしていて、噛むと歯でもちっとぷつっと切れる感じのパスタです。

どちらが美味しいかというのはきのこの山/たけのこの里論争ですから終わりがありませんが、どちらも特徴のある異なるパスタと言えましょう。
興味が出てきた方は、このお店の生パスタを食べた上でご投票を。

<スタッフの方に撮影・掲載ご許可いただきました>

アクセス

京成線おゆみ野駅から歩いて5分程度
駐車場あり

料金

パスタランチ(パスタ・ドリンク) 1050円
ナポリランチ(前菜・パスタ・ドリンク) 1500円
コースランチ(前菜・パスタ・ドリンク・デザート) 1900円
パスタメニュー1パスタメニュー2
本日のパスタはアマトリチャーナ、スモークサーモンとほうれん草の塩味、ヤリイカとインゲンの岩のりクリーム、豚バラとパプリカの中華風の4種類。
本日のパスタ

体験レポート

お店の前に数台の駐車スペース、お店の奥にさらに数台分あり。
ミシェル外観1ミシェル外観2
店内、美味しいイタリアンのお店だとひと目でわかりますね。
ミシェル店内1ミシェル店内2

ナポリランチの前菜より。
ミシェル前菜1ミシェル前菜2
手のひらサイズのサラダ+4品。ポタージュスープやポテトディップ、オムレツやチキンパテがついてきます。

ピザはディアボラ(チキン+サラミ)とボスカイオーラ(生ハム+きのこ)を選んでみました。
ディアボラ1ディアボラ2
ボスカイオーラ1ボスカイオーラ2
いずれも薄めの生地をふっくらと焼き上げています。パリッとして焦げ目のついた香ばしいピザ生地も良いですが、こういった薄めながら優しい柔らかさの生地でとろりと溶けたチーズ+諸々を味わうというのも素晴らしいものです。

続いてパスタが続々。アマトリチャーナ
アマトリチャーナ1アマトリチャーナ2
ベーコンと玉ねぎをオリーブオイルと旨味たっぷりのトマトで和えたソースで、パルミジャーノをたっぷり振って、伝統の美しさとも言えましょう。

スモークサーモンとほうれん草の塩味
スモークサーモン1スモークサーモン2
塩味オイル系の雄、ペペロンチーノをベースに、たっぷりのスモークサーモンとほうれん草が彩りを添えます。胡椒でピリッと味が締まるのも小気味よく、生パスタを炒めたようなオイルの絡み方がやみつきになります。

ヤリイカとインゲンの岩のりクリーム
岩のりクリーム1岩のりクリーム2
これが本日一番のオススメ。生パスタのモチモチ感を味わうのにはやはりクリーム系は無敵でした。小さく筒切りになったヤリイカとインゲンの歯ごたえが楽しく、岩のりの風味がフワッと香る中、もちもちのパスタに絡むクリームソース。パスタをモギュモギュと食べ終わった口の中にはふくよかなミルク感が残り、次の一口がすぐに欲しくなります。どうしよう、またお腹が空いてきてしまいました。

最後にミニデザート盛り合わせ
ミニデザート1ミニデザート2
種類だけでもパンナコッタ、シャーベット、タルト、レアチーズケーキと全方位包囲網。見事に絡め取られます。パスタでお腹がそれなりに満たされている中で、甘みや酸味といった味覚とお腹のすき間をきれいに埋めてくれます。

図らずもトマトソース、オイル、クリームと3大パスタソースを網羅することになりましたが、いずれの料理ももっちもちの生パスタを存分に生かしたもので、どのメニューを選んでも幸せになれるお店だと思います。
ごちそうさまでした。

営業時間・電話番号など

名称: ラ ミシェル
住所: 千葉市緑区おゆみ野中央3-22-2
電話番号: 043-488-6400
営業時間: 11:00~15:00、17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日: 月曜日(祝日の場合は営業)

コメント