まとめ一覧

【2021年最新版】千葉駅周辺で買えるユニークな食パンランキング
【2021年最新版】千葉駅周辺で食べられるかき氷ランキング
【2021年】千葉駅周辺の美味しい逸品 超個人的おすすめセレクション【100記事記念】
【2021年最新版】千葉駅周辺でおしゃれでいろいろ美味しいカフェランキング

素材の組み合わせが楽しい町フレンチ 稲毛区作草部 ヴァン ドゥ シュッド

オードブル盛り合わせ1 外遊び・外ごはん

モノレール天台駅からそば処泰庵さんに向かう道沿い、道から一段上がったところにちょっと気になるフレンチの看板を見つけました。
外から覗くとこじんまりした喫茶店のような感じで、町中華ならぬ町フレンチ。
ふらりと吸い寄せられてしまいました。

<スタッフの方に撮影・掲載ご許可いただきました>

アクセス

千葉都市モノレール天台駅から徒歩5分

料金

ランチコース 
ーMenu A (おすすめ料理から1品選択、ミニサラダ、パン)980円
ーMenu B (おすすめ料理から1品選択、具沢山サラダ、パン、スープ、ドリンク)1200円
ーMenu C (おすすめ料理から1品選択、具沢山サラダ、パン、スープ、ドリンク、デザート)1300円
ーMenu D (おすすめ料理から1品選択、具沢山サラダ、パン、スープ、ドリンク、デザート、オードブル盛り合わせ)1700円
<おすすめ料理>
 ・ブイヤベース
 ・若鶏のポワレ ヴィネガー風味
 ・三元豚のソテー キノコのソース
 ・ツナのトマトソース スパゲッティ
店外メニュー店内メニュー

体験レポート

自転車を目の前に停めて入店。
ヴァン店外ヴァン店内
周りの壁にメニューとともにおすすめワインの紹介が沢山貼ってあってお店の主張を感じます。

今回はオードブル盛り合わせも含むmenuDで、おすすめ料理はブイヤベースと三元豚のソテーをいただきました。
5分ほどの待ち時間でまずは具だくさんサラダとスープが登場。
サラダとスープ1サラダとスープ2
全体的にきれいで優しいお味。スープもトマトベースのミネストローネをミキサーで、とろりと丁寧に仕上げており、手を加えすぎないストレートながら力強いもの。サラダはベビーリーフが片手大でたっぷりと、横には大根や人参を軽くマリネしたものがつきますが、これがドレッシングと一緒にサラダの味付けとしていい仕事をしてくれます。

続いてのオードブル盛り合わせがすごい。メニュー的にはこれ差し引き400円分と計算されますが、これはむちゃくちゃお買い得。
オードブル盛り合わせ1オードブル盛り合わせ2
牡蠣のスモーク、鶏肉のガランティーヌ、タラのリエット、イカとエビのレモンマリネ、サラミとポテトサラダ、サツマイモと生ハムのムースドライいちじく乗せ。一つ一つ美味しかったですが、一つ抜き出すとすれば最後に挙げたサツマイモと生ハムのムースドライいちじく乗せ。生ハムの奥に旨味を孕んだ塩気と、ドライフィグのトロリとした甘さを、下に敷いたサツマイモがどっしりと包み込んで、小さなポーションですが口の中でいろいろな味が組み合わさって拡がります。

ブイヤベースは多くの魚介を大根キノコ、長芋(珍しい?)と煮込んだもの。
ブイヤベース1ブイヤベース2
海と潮の香りが芳醇にというよりは、万人に食べやすく海のものと山のもののうまみ成分だけ上手に引き出されています。

豚のソテーはボリュームのある2枚の厚切り肉に、キノコがこれでもかと入って溶けた風味濃厚なキノコソース。
豚のソテー豚のソテー
中央には刻んだドライトマトが配されており、キノコの支配する世界に一閃、さらなる旨味を乗せてきます。

最後にデザートとしてりんごのブランマンジェ。
りんごのブランマンジェ1りんごのブランマンジェ2
ブランマンジェの上にあらごしのりんごのコンポート。爽やかな酸味と少しアーモンド感のあるミルクが素敵です。

基本のmenuAに+200円でスープとドリンク(menuB)、+100円でデザート(menuC)、ここまで来たら+400円でオードブル盛り合わせも!!と、ついついアップグレードしてしまう絶妙なお値段設定で、その分の幸せがたしかに得られるお店でした。
ごちそうさまでした。

営業時間・電話番号など

名称: ヴァン ドゥ シュッド 
住所: 千葉市稲毛区作草部1-3-3 高山ハイツ 1F
電話番号: 043-301-4829
営業時間: 11:30~15:00、18:00~23:00(L.O.22:30)
定休日: 月曜日

コメント