お値打ちフレンチと素敵な宝石箱 中央区新千葉 ムッシュ ゴルジェ

鴨2

立派な名前と不思議な位置関係の店構えとcozyな店内。
本格的なフランス料理をカジュアルに提供するというコンセプト、とHPに記載が。
初めてこそできれば知り合いに連れて行ってもらいたい感じですが、一度行けばその家庭的な雰囲気とカワイイお料理に安心すること請け合いです。

<スタッフの方に撮影・掲載ご許可いただきました>

目次

アクセス

JR千葉駅から徒歩3分

料金

ビジネスランチ(日替わり4種 950円)
コースA 1850円
・オードブル、本日のスープ、木の子スープパイ包み焼き(+650円)から1品選択
・メインディッシュは魚料理、肉料理、牛フィレステーキ+700円より選択
・デザート(本日のデザートより1品選択、+550円で宝石箱選択可能)

体験レポート

千葉駅西口から西千葉方面に3分、立体交差点から1段下がったところに、外から見るととっても本格のフレンチレストラン(現在絶賛クリスマスデコレーション中)。
ゴルジエ店外ゴルジエ店内
扉を開けて中に進むと目の前にレジとコート掛け、さらに広すぎずちょうどいい間隔で席が並んでいる家庭的なお店。

今回はランチコースのAを戴いてみます。
オードブル
オードブル1オードブル2
左下にドンと鎮座しているのがあん肝!!久しぶりにいただきました。あん肝のクリーム感、右の赤白酢漬け、グリーンサラダがそれぞれ良い味を出してお口の中が気持ち良く整っていきます。

本日のスープはブロッコリーのクリームスープ
ブロッコリー1ブロッコリー2
ブロッコリーの旨味が上手に引き出されて、飾らず力強く日替わりスープのレベルを抜けた美味しさでした。

こちらが+650円でいただける木の子スープパイ包み焼き。
きのこ1きのこ2
パイにスプーンでプツンと穴を開けたときの湯気の質量をお伝えできないのがもどかしい。パイ生地を少しずつ崩して中のスープを吸わせていただきます。スープは比較的サラッとしたもので、お味はやや薄め。マダムの「パイを一気に全部入れちゃうと離乳食になるから気をつけて」がジワジワきます。

メインディッシュ、鴨肉のクランベリーソース
鴨1鴨2
見た目は最高。鴨+フルーツソースはやや大人の味ですね。

同じくメインディッシュの一皿、鯛のポワレエビクリームソース
真鯛1真鯛2
これは美味しかったですねぇ。鯛の火加減とお味もパリッとしていて良いのですが、エビのクリームソースと下に敷かれたほうれん草ソテーのサポートが素晴らしい。パンでお皿掃除発動です。

本日のデザートよりガトーショコラとブルーベリーソルベ
ガトーショコラブルーベリーソルベ
果肉の入った手作りブルーベリーソルベにふわふわ飴細工、こちらの心もふわふわします。とっても綺麗で美味しい一品。

さらに+550円でいただけるデザートの宝石箱!!きれーいー!!
宝石箱1宝石箱2
中にはキャラメルチーズケーキと洋梨のタルト、フルーツ盛り上わせとアイス。このケーキ類、かなり美味しいです。こちらのお店にケーキを食べに行くアフタヌーンティープランがあっても良いくらい。

このふわふわを食べかけのガトーショコラに載せてみたところ。
ふわふわonガトーショコラ
一気に高級感がプラス。こころもち味もワンランクアップ??

ふわふわ綺麗ながら、しっかりと地に足のついたお料理をいただけるお店でした。
ごちそうさまでした。

営業時間・電話番号など

名称: ムッシュ ゴルジェ 
住所: 千葉市中央区新千葉2-8-10-102
電話番号: 043-246-3840
営業時間: 11:30~14:00(L.O.13:30)、17:00~21:30(L.O.21:00)
定休日: 火曜日

営業時間などについてはコロナの情勢などにて随時変更されると思われます。ご訪問の際には公式ホームページ等にてご確認をお願いします。

下記のブログランキングに参加しています。
この記事がお役に立ちましたらバナーをクリックしていただくと元気になります。

クリックしていただくとそれぞれブログ村とブログランキングのページに飛びます。他にも千葉の食べ歩きブログがいくつもあるので、見てみると楽しいですよ!!

にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自分が実際に行って楽しかった、食べて美味しかった情報をまとめ、お休みの日の予定を考える時に役に立つサイトを作ろうと思っています。なので多くのランキングや情報サイトとは取り上げるお店や施設が異なってしまうと思いますがご容赦ください。自分が子育て中ということでカフェや子連れお出かけ情報多め、ラーメンや居酒屋情報は少なめです。Twitter, instagramもあります(https://lit.link/komimi)。

コメント

コメントする

目次
閉じる