名物女将とお値打ちまぐろ もてなしや

海鮮ユッケ丼 外遊び・外ごはん

千葉は海が近いからお刺身絶対美味しいよね?
遊びに来た友人から言われるとけっこう困る一言。

漁港近くまで行く時間なんてない中で、美味しいお刺身を所望されていますよ。
接待ではないけれど、おもてなしをしたい(しなければならない)相手だったり。
お酒も入るような、少し込み入った話もあったり。

そんな時の頼れるお店、「もてなしや」さんです。

どのメニューを選んでも、ハズレを引く可能性皆無。
奇妙キテレツさがスパイス程度ほんの少し混じる内装ながら、仕事相手を連れて行っても問題ない綺麗さ。
見え隠れする美しい女将。それでいてリーズナブルなお値段。

今回はランチで伺いました。
<スタッフの方に撮影・掲載ご許可いただきました>

アクセス

千葉寺駅裏 徒歩2分 マップは公式ホームページにて
駐車場10台分、駐車場まで徒歩1分

料金

赤身丼 6枚 770円
中トロ丼 6枚 1100円
海鮮丼 2090円
海鮮ユッケ丼 1760円
炙り漬け盛り丼 2090円
ランチ限定 漬け三昧 1100円
他 

体験レポート

日に日に日差しが強くなってくる6月もそろそろ終わる頃のお昼に伺いました。
店前
お店の前には待ち5組。30分ほど待ちましたが、あとでスタッフさんから伺ったところ、ランチ時間の予約可能、当日予約もOKで朝9時ごろから電話対応できるとのことでした。

きれいな店内に通していただき、早速メニューを拝見。
メニューたち

目移りしつつも今回は「海鮮ユッケ丼」「ランチ限定漬け三昧」に加えて、なぜかどうしても欲しくなってしまった「アジフライ」をお願いしました。

まずは海鮮ユッケ丼から。
海鮮ユッケ
かんぱち、サーモン、まぐろが所狭しと並び、真ん中に卵黄が鎮座されております。
海鮮ユッケ丼
この卵黄を割って丼から刺し身がこぼれないように気をつけながら混ぜていただきます。

次に、こちらが漬け三昧。
漬け三昧遠景
これで¥1100とは。ランチ限定とのことですが、お得にも程があります。
上記海鮮ユッケ丼の3兄弟にいかが加わり、タレに漬けられて渾然一体となったところにアクセントのキムチが載っています。
漬け三昧近景
ちょっと漬け軍団をどけてみても、ご飯が見えるまで層が厚い!!
層が厚い
漬けもキムチもそれぞれ旨味たっぷりで、ご飯が足りないくらいでした。

アジフライの写真も置いておきます。
アジフライ
響く人には響くに違いない。そしてどうしようもなくこのホクホクジューシーでアツアツでサクサクにとろりとソースを掛けたアジフライが食べたくなるでしょう。

ここで働くスタッフさんの「私達は美味しいものを提供しています」という凛としたプライドを感じる接客も素晴らしいと思います。
しかしお刺身って、美味しい美味しいとおなかいっぱい食べてもなぜか罪悪感を感じないのが恐ろしい。
ごちそうさまでした。

概要

名称: もてなしや
営業時間:12:00〜22:00
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)

コメント